伸和エージェンシートップ > 広告事業 > デジタルマーケティング > Web Ad テクノロジーの取り組み

広告事業

Web Adテクノロジーの取り組み

DSPで、枠から「ヒト」へ

「DSPとは何か」
・DSP(Demand Side Platform)とは、予算管理、入稿管理、掲載面の管理、最適な広告枠の選定など、需要側(Demand Side:広告主側)の広告効果の最大化を支援するツールを指します。2011年頃から注目を集め始めています。
・配信ごとに配信予算の中から広告費用とDSP利用料が発生する仕組みなので、広告主にとっては配信量に応じた従量課金となります。最初から大きな予算を設定する必要もないため、機動的に広告予算を投入し、効果検証することも可能です。



まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社担当者よりご連絡させていただきます。

東京本部 / 担当 寺本、古澤
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2丁目18番2号
大和ハウス九段ビル

TEL:03-5214-2287
FAX:03-5214-2298

大阪本部 / 担当 千原
〒530-0004
大阪市北区堂島浜2丁目1番29号
古河大阪ビル本館4階

TEL:06-6536-6225
FAX:06-6536-6208

お問い合わせフォームはこちら



TOPページ
伸和エージェンシーTOP
広告事業
旅行事業
新たな取り組み
催事スペースレンタル
会社情報
採用情報
お問い合わせ
お問い合わせフォーム
大和ハウスグループ
Business領域